So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【核心】「サンラ」200億集金 王様ら「セレブ」餌(産経新聞)

 無登録で出資を募ったとして、今月3日、投資顧問会社「サンラ・ワールド」(東京都中央区)が金融商品取引法違反(無登録営業)の疑いで警視庁の家宅捜索を受けた。ハワイのコーヒー農園、カナダ企業の未公開株などへの出資を呼びかけ約200億円を集めたとされるサンラ社。出資者の多くは「時事評論家」を名乗る元役員、増田俊男氏(71)に魅せられた。だが、多くの事業は破綻(はたん)状態に陥っている。(滝口亜希)

                   ◇

 「ニューヨークのど真ん中にビルがあるんですが、ここに住むことは世界で有数の金持ちというステータスなんです」。平成16年11月、都内で開かれたサンラ社の会員制投資クラブ「サンラ・インベストメント・クラブ(SIC)」の定例会。数百人の聴衆を前に、増田氏は「私の関係する会社もここに事務所があるんですが、隣に住んでいたのは、なんとブルネイの王様でした」と胸を張った。

 増田氏はこの場で、ハワイのコーヒー農園開発プロジェクトを「今までの投資総額は、すべて元がとれます」と説明した。しかし、警視庁などによれば、このプロジェクトは現在、ほぼ破綻状態という。

 出資者側代理人によると、SICの会員数は最盛期に1千人を超え、1人で約2億円を出資した会員もいるという。

 会員から熱烈な支持を受ける増田氏は講演活動の傍らで著書も20冊以上出版。公式ホームページや会員向け資料には「四十七士・早水藤左衛門の末裔(まつえい)」「ハワイ王国の全権大使」の文字も並ぶ。SICの定例会では、ビル・クリントン米元大統領や、妻のヒラリー・クリントン国務長官とのツーショット写真が上映された。

 「第二のマイクロソフトになる」「間もなく上場する。株価が40倍になる」。サンラ社は、カナダのIT企業の未公開株についてはこう勧誘し、12〜19年、約4700万ドル(当時のレートで約50億円)を集めたとされる。しかし、IT企業は現在も上場しておらず、配当金も滞っている。今回、警視庁が家宅捜索した容疑は、この件に関するもの。詐欺容疑での立件も視野に入れる。

 サンラ社をめぐっては、少なくとも20人が民事訴訟を起こしている。ある女性会員は「肯定的な話しかしないのが心強かった。今思えば宗教にはまっていたようなもの」と振り返った。

75歳女性を降ろし忘れて車庫へ 8時間後、始発で救出 阪急バス(産経新聞)
雑記帳 結婚式にペンギン2羽が「出席」 静岡のホテルで(毎日新聞)
「胸触っていいか」女性警察官2人にセクハラ(読売新聞)
<血栓薬「t−PA」>組織再生効果を確認 東大チーム(毎日新聞)
広島市、今年度中の「子ども条例」提案を見送り(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。