So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

<ハイチ大地震>自衛隊は撤収へ 国際緊急援助隊(毎日新聞)

 北沢俊美防衛相は12日、ハイチ大地震の救援活動のため最初に派遣した国際緊急援助隊の自衛隊部隊に対し、13日付で活動の終結命令を出した。緊急援助隊は、1月23日から被災者2675人に医療活動をした。18日にまず約130人が帰国する。一方、復興支援のため5日に国連平和維持活動(PKO)への派遣命令が出された自衛隊部隊は、既に約140人が現地入りしている。【仙石恭】

【関連ニュース】
日本ハイチ友好議連:支援方針を確認
ハイチ大地震:日本郵政、義援金送付無料に
ハイチ大地震:助け合う市民 ボランティアの動き広がる
ハイチ大地震:「救援自体が混乱」国際赤十字会長が帰国
ハイチ大地震:日本の専門料理店で募金 客から支援の声

ひき逃げで小学生重傷=登校途中に−兵庫・芦屋(時事通信)
府中で女性変死、夫とみられる男性は飛び降り(産経新聞)
資格ないのに交通事故示談交渉 弁護士法違反容疑で行政書士逮捕(産経新聞)
「ここでは申し上げない」鳩山−小沢会談について首相(産経新聞)
男子高校生、改札口で背中刺される=中年男に突然−徳島(時事通信)

「陛下に前日連絡、努力している」 官房長官、夕方の閣議指摘に(産経新聞)

 平野博文官房長官は10日の記者会見で、鳩山政権で始まった夕方の閣議開催が天皇陛下の執務の長時間化につながっていると指摘された問題について、「前日に連絡できるものは連絡をし、できる限り陛下の負担を軽減するように努力はしている」と釈明した。

 事前連絡があっても天皇陛下が夜間に執務せざるを得ないとの見方に関しては、「精神的に軽減できるのではないか。(執務も)明日の朝でもいいものあり、そこは幅の中でやっていただける」と述べた。

 政府は、天皇陛下の執務への影響が明らかになった後も5、9両日の2回にわたり夕方に閣議を開催。平野氏は12日の閣議は午前中に開く考えを示した。

【関連記事】
夕方閣議で陛下にご負担 官房長官「宮内庁と相談して対応したい」
普天間移設先「検討委で絞り込まず」 平野官房長官
枝野氏は「助っ人閣僚」 官房長官、政府と党との連携に影響はないと強調
国家公務員法改正案を12日に閣議決定へ 内閣官房に人事局
普天間と関係ない 小沢氏訪米検討で平野官房長官

同姓同名・同じ生年月日、別人から保険料誤徴収(読売新聞)
<江戸川・虐待死>昨秋に頭部外傷で入院 学校は連絡せず(毎日新聞)
<石川衆院議員離党>野党、追及姿勢崩さず(毎日新聞)
実質年3.46%の高い伸び=昨年10〜12月期GDPの民間予測(時事通信)
民家火災で2人死亡=高齢夫婦か−山口・美祢(時事通信)

石川被告離党に閣僚から評価の声相次ぐ(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で起訴された同党衆院議員、石川知裕被告が離党届を提出したことについて、12日、閣僚から「よく決断した」(仙谷由人国家戦略担当相)など評価する発言が相次いだ。

 菅直人副総理兼財務相は「本人の判断としてよかった」と評価した。平野博文官房長官は「同僚議員の立場では残念な思いだ。本人が自ら断腸の思いで結論を導いたことは、個人的には理解する」と述べた。前原誠司国交相も「今までの国会活動でいい人物と思っているので政治家として頑張ってもらいたい」と述べた。

 一方、小沢氏と距離を置く枝野幸男行政刷新担当相は「国民のみなさんが理解、納得していただけるかどうか。国民の皆さんが判断することだ」と含みを持たせた。

 福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党党首)の同日の閣議後の会見で、「(石川被告は)記者会見もしているが、(内容を)修正しているところもある。政治家として国民に説明すべきだ」と述べ、石川被告に対して改めて説明責任を果たすよう求めた。

【関連記事】
北沢防衛相「きちんと本人が身の処し方を定めた」 石川被告の民主党離党で
鳩山首相、石川議員離党は「熟慮重ねた重い結論だ」
平野官房長官「どうのこうのと言う立場にない」
石川議員離党は“尻尾切り” 公明・山口代表
世論無視…小沢幹事長ついに身内からも強烈ヤジ「辞めろ!」

「院内がん登録」予後調査に「特段の配慮を」−厚労省・がん対策推進室(医療介護CBニュース)
前原国交相「秘書3人起訴の事実は重い」(読売新聞)
「都市型軽費老人ホーム」、4月にも―小規模ホームの参入促す(医療介護CBニュース)
小沢氏不起訴 法廷攻防へ 人権派ら異色弁護団 検察も総力戦(産経新聞)
<毎日新聞世論調査>小沢氏 幹事長「辞任すべきだ」69%(毎日新聞)

首相「小沢氏は説明責任果たした」(読売新聞)

 鳩山首相は4日午前、民主党の小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」を巡る政治資金規正法違反事件に関し、「小沢氏は説明責任を果たした」との認識を示した。

 首相公邸前で記者団の質問に答えた。

 同事件で、東京地検は小沢氏を不起訴とする方針を固めている。首相は「小沢氏は検察の聴取も受け、かなり説明しているし、記者会見を何度も行って説明責任を果たしていると思っている」と述べた。その上で、「国民がどこまで理解するかというのは当然いろいろある。必要に応じて説明するのではないか。基本的には本人の問題だが、党としてもやるべきことがあれば(やる)と思う」と語った。

成田山で恒例の豆まき=暴行問題の朝青龍関欠席(時事通信)
<岐阜市長選>現職の細江茂光氏が4選果たす(毎日新聞)
ブログで運動OK ネット選挙解禁へ改正案 民主研究会が要綱(産経新聞)
検挙水準落とさず可視化を=有識者研究会が初会議(時事通信)
上海万博「大阪館」の概要発表 最先端の環境技術を展示へ(産経新聞)

幹事長続投小沢氏 「公平・公正な捜査の結果」(J-CASTニュース)

 資金管理団体の土地購入をめぐって東京地検の捜査を受けたものの不起訴処分となった民主党の小沢一郎幹事長が2010年2月4日、民主党本部で記者会見した。「公平・公正な検察当局の捜査の結果」と神妙な面持ちで語りつつ、「幹事長の職責を返上しなければならないとは考えていない」と続投を表明した。

■元秘書起訴には「大変残念、お詫びを申し上げたい」

 東京地検が小沢氏の不起訴処分を発表してから約2時間後の午後8時前、小沢氏は民主党本部の会見場に姿をあらわした。まず、

  「このたびの私の政治団体に関連することで、国民の皆様と同志の皆様にご迷惑とご心配をおかけしたことを心からお詫び申し上げたい」

と謝罪の言葉を口にした。その後、自らが不起訴になったことについて、

  「公平・公正な検察当局の捜査の結果として受け止めている」

と発言。一方、元秘書の石川知裕議員ら3人が政治資金規正法違反の罪で起訴されたことについては、

  「大変残念。国民の皆様や同志の皆様にお詫びを申し上げたいと思う」

と語った。

■「幹事長職を返上しなければならないとは考えていない」

 監督者としての責任について記者から問われると、

  「代表者だから最終的責任は私にあるというのはその通りだと思う」

と述べながらも、

  「石川自身も不正な金は一切もらっていないということを最後まで主張していたと思うし、報告書の形式的なミスの責任を問われている」

と発言。水谷建設などからの裏献金はなかったと改めて主張した。さらに自らの進退については、

  「幹事長の職責を返上しなければならないとは考えていない」

と辞任を否定。

  「自分の任務について一生懸命努力しながら、国民の皆様の信を取り戻すべく頑張りたい」

と語った。

 会見のあいだ中、小沢氏は神妙な表情で、言葉を選びながら自らの心中を語った。約10分間の会見のなかで、「検察の公正な捜査」という言葉が3度も出てきたのが印象的だった。


■関連記事
なぜ小沢氏「不起訴」なのか 「秘書の壁」に阻まれる? : 2010/02/04
東京地検、週刊朝日に抗議 記事に「虚偽の点がある」 : 2010/02/03
小沢幹事長の政治団体から 多額の講演料もらうマスコミ人たち : 2010/02/03
勝間和代さんと野村克也さんがトップに 「活躍しそうな転職代理人」ランキング : 2010/02/04
「バレンタインデー禁止のお知らせ」どう伝えたらよいか : 2010/02/04

<岡田外相>10日から韓国を訪問(毎日新聞)
「幻のチョコレート」日本初上陸 新宿で限定販売開始(産経新聞)
<皇太子さま>メキシコ交流展式典に出席(毎日新聞)
外貨準備、1兆530億ドル=1月末(時事通信)
福岡県汚職 副知事室で100万円授受(毎日新聞)

参加を受信料支払者に限定=NHK番組おかあさんといっしょ(時事通信)

 NHKは5日、教育テレビで放送している「おかあさんといっしょ」の参加者を3月26日受け付け分から受信料支払者の子どもに限定する、と発表した。
 受信料支払者の不公平感の是正などが目的。また、抽選作業の効率化などを考え、従来の往復はがきでの応募をやめ、パソコン、携帯電話からのインターネット応募に限定する。 

小沢氏、資産報告書に貸付金4億円の記載なし(読売新聞)
韓流呼び込め、ロケ地に「アイリス」ゲレンデ(読売新聞)
支持率「気にしない」=自民総裁(時事通信)
「引退と捜査は別の話」=朝青龍問題で警視庁(時事通信)
<大阪・橋下知事>府立高、撤退ルール検討 「私立と競争、選別強化」(毎日新聞)

運転のブラジル人を指名手配へ=危険運転致死容疑で逮捕状−名古屋ひき逃げ・県警(時事通信)

 名古屋市熱田区の国道交差点で男女3人が死亡したひき逃げ事件で、愛知県警熱田署捜査本部は4日、危険運転致死容疑で、乗用車を運転していた岐阜県美濃加茂市のブラジル人の男の逮捕状を取り、指名手配する方針を固めた。
 同日朝に出頭してきた同乗者のブラジル人の男については、窃盗の疑いで逮捕状を請求する。 

<消費者金融強盗>元組員2人に逮捕状…三重県警(毎日新聞)
座布団焼く火災、室内に男性遺体 千葉市の団地(産経新聞)
「マネ辞任幕引き」「解雇で訴訟」 朝青龍事件乱れ飛ぶ怪情報(J-CASTニュース)
公務員の裏金づくりに罰則=与野党で法案化検討を−鳩山首相(時事通信)
関東甲信、大雪の所も=交通の乱れに注意−気象庁(時事通信)

<廃ポリタンク漂着>今冬は昨年同期並み 18道府県で確認(毎日新聞)

 日本海沿岸などに今冬漂着した廃ポリタンクは、1月末現在で1万1703個に上ることが環境省のまとめで分かった。漂着が確認されたのは北海道から鹿児島県まで18道府県。漂着個数はほぼ昨年同期(1万2668個)並みだった。

 今季は昨年12月中旬ごろから各地で確認されるようになり、1月末現在で最も多いのは秋田県の1923個。次いで石川県(1921個)、島根県(1674個)など。ハングル表記のあるタンクが少なくとも4709個あった。液体が入っているタンクも126個あり、自治体の分析で強酸性と確認されたものもあったという。

【関連ニュース】
社説:2010再建の年 地域主権 地方議会も変化の時だ
漂着:ポリ容器が800個 今冬、日本海沿岸に 回収、処分に市町村負担重く /新潟
ポリタンク漂着:8市町で384個 ほぼ韓国語表記 /青森
漂着:海岸に大量のポリ容器 上越から胎内まで /新潟
漂着:ポリ容器4個 劇物に注意を呼びかけ−−豊岡 /兵庫

「現場任せ」が遠因=高松塚壁画劣化で報告書案−文化庁検討会(時事通信)
【中医協】「後発医薬品使用体制加算」の新設を了承(医療介護CBニュース)
外国人参政権の「不適切」出題 大学入試センターの対応めぐる批判の底流(産経新聞)
里見連勝王手!4人目の10代名人へ戴冠確率100%…将棋 女流名人位戦第2局(スポーツ報知)
<無登録営業容疑>投資顧問会社を家宅捜索 警視庁(毎日新聞)

<京大病院>90代患者から高濃度インスリン検出(毎日新聞)

 京都大学付属病院(京都市左京区)で昨年11月、容体が急変して一時意識不明になった90代の入院女性の血液から、本来検出されるはずのない高濃度のインスリンが検出されていたことが分かった。病院は、何者かによって混入されたり、誤って投与されたりした可能性もあるとみて経緯を調べており、京都府警にも届けた。

 女性は循環器内科に入院中だった。同病院や府警によると、容体急変の原因は高濃度のインスリンによる低血糖発作。この女性の治療にインスリンは不要で、投与記録もなかった。女性はブドウ糖の投与を受けて一命を取り留め、既に退院し後遺症もないという。

 捜査関係者によると、女性の病室は一般病棟で、誰でも出入りできる。女性には以前にも似たような容体急変があったとの情報もある。【田辺佑介】

【関連ニュース】
今後の医療政策:鈴木寛副文科相ら招きシンポジウム
医療事故:誤って降圧剤など投与 男性患者死亡 愛媛
医療事故:別の家族持参薬を誤投与、患者死亡 看護師確認怠る−−愛媛の県立病院
岩手医大医療過誤損賠訴訟:遺族の訴え棄却−−判決 /岩手
損賠訴訟:国立精神病院で患者死亡、2350万円支払い命令−−地裁判決 /千葉

<センター入試>追試験 最多は数学(1)640人(毎日新聞)
同盟深化、具体策を議論=普天間は平行線−日米(時事通信)
<名古屋ひき逃げ>車内に毛髪、血痕…逃走の男女、負傷か(毎日新聞)
<水門談合>国交省、23社に8億円損害賠償請求(毎日新聞)
鳥取沖の実習船衝突 原因は「張り不備と飲酒」 運輸安全委員会が調査報告書(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。