So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

FM最長寿番組「ジェットストリーム」 JALが「1社単独提供」断念(J-CASTニュース)

  会社更生手続き中の日本航空(JAL)が40年以上単独スポンサーを続けてきた有名ラジオ番組「ジェットストリーム」が、2010年6月から「スポンサー2社体制」に移行していたことが明らかになった。同社は広告経費を含むコストの削減が最重要課題だとされており、歴史ある「1社単独提供枠」の返上を迫られた。

 JALでは、広報関連の支出が次々に削減されている。サッカーJリーグ「清水エスパルス」とのスポンサー契約は10年1月末で終了し、10年3月には、映画化までされた女子バスケットボールチーム「JALラビッツ」の廃部が発表されている。

■43年近くにわたって1社単独提供

 この流れは、有名音楽番組「ジェットストリーム」(JET STREAM)、でも例外ではなかった。同番組は、月曜日〜金曜日の深夜にTOKYO FM系列(JFN)で放送されており、放送開始はTOKYO FM(1970年開局)の前身にあたる実用化実験放送局「FM東海」時代の1967年にさかのぼる。TOKYO FM編成部によると、「FM番組では『最長寿』」だそうだ。旅と音楽をテーマにした内容で、故・城達也さんのナレーションで親しまれた。現在のパーソナリティーは5代目の大沢たかおさんだ。

 JALは番組スタート当初から43年近くにわたって1社単独提供を続けていたが、6月1日(5月31日深夜)放送分から、「1社で番組を続けるのが困難」(JAL広報部)として、これを断念。「パートナー会社でもあるイオンに声をかけ、賛同を得られた」(同)として、イオンとの2社体制に移行した。

■イオンがJALに助け船

 両社は07年10月から業務提携を結んでおり、JALマイレージバンクとイオンの電子マネー機能を連携させた「JMB WAON」を発行したり、共同の旅行ブランド「ジャル ライフアンドスパイス」(JAL LIFE&SPICE)を立ちあげるなどしている。今回は、イオンがJALに助け船を出した形だ。

 なお、今回の措置でJALにもたらされたコスト削減効果については「先方との守秘義務のため、お答えできません」としているが、年に数千万円単位だとみられる。

 次に危ぶまれるのが、JALのスポンサー撤退や番組の打ち切りだが、

  「イオン様と共同スポンサーになったばかりで、今後のことは予定しておりません」(JAL広報部)
  「『JET STREAM』はTOKYO FM 開局当初から続く優良コンテンツであり、番組の打ち切りは検討しておりません」(TOKYO FM編成部広報担当)

と、そろって否定している。


■関連記事
「歴代制服全部着たい」 石原さとみ、CA姿でDVDをPR : 2009/02/19
永田町に「JAL叩き」怪文書 誰が何の目的で流したのか : 2010/03/31
JAL地方不採算路線に「大ナタ」 小牧から全面撤退、国内線3割縮小へ : 2010/04/28
JALのローマ、モスクワ便が成田到着 ニュースコメント欄に称賛の声 : 2010/04/20
「イケメンCA」がエスコート JALが男性ばかりの「こいのぼりフライト」 : 2010/05/05

警察への相談、2%減少=「振り込め」大幅減が影響か―警察庁(時事通信)
宮崎の口蹄疫、川南町からえびの市へと感染か(読売新聞)
軟式野球部員カラオケ店で喫煙、同席の監督黙認(読売新聞)
<河村・名古屋市長>菅内閣に注文 「増税せんでちょう内閣」と命名(毎日新聞)
<器物損壊>警察署に投石? ガラス割れる 福岡・大牟田(毎日新聞)

住友生命と元上司に支払い命令=女性社員セクハラ被害―神戸地裁支部(時事通信)

 住友生命保険(大阪市)の40代女性社員=兵庫県丹波市、休職中=が男性元上司にセクハラを受けたとして、元上司と同社に慰謝料など660万円を求めた訴訟の判決が31日までに神戸地裁柏原支部であり、神原浩裁判官は元上司と同社の責任を一部認め、110万円の支払いを命じた。
 神原裁判官は、被害に関する女性の供述について「おおむね信用し得る」として、元上司のセクハラがあったと認定。女性の「セクハラ防止対策を怠った」などの訴えは退けたものの、元上司を雇用する同社の使用者責任を認めた。 

【関連ニュース】
パワハラでうつ病発症、自殺=市課長の公務災害認定
セクハラ相談員がキス強要=職安男性幹部を停職処分
児童にセクハラ、教諭を懲戒免=富山
男性教授を停職6カ月=学生の受講拒否
セクハラ准教授を解雇=女子学生の体触る

<口蹄疫>種牛49頭の殺処分容認 東国原・宮崎県知事(毎日新聞)
自衛隊の海外派遣 自民が一般法提出(産経新聞)
<運輸安全委>船舶に居眠り防止装置を 500トン未満対象(毎日新聞)
アイドリング!!!8号のフォンチーが大人の階段上る!「まずは色気をつけたい」
<掘り出しニュース>「ハイブリッド車の分解展示」内覧会、応募殺到、予定の3倍超/埼玉(毎日新聞)

自転車専用通行帯に路上駐車相次ぐ 利用者からは不満の声(産経新聞)

 埼玉県三郷市内の市道の一部で3月31日から自転車専用通行帯の運用が開始されたが、専用帯の上に違法駐車する自動車が後を絶たず、市民からは「これでは利用できない」と不満の声が上がっている。同市では当面推移を見守りつつも、改善が見られない場合は柵の設置なども検討する。(清作左)

 県警交通規制課によると、自転車の専用帯が設けられたのは三郷市上彦名、彦成の市道約650メートルの区間。付近には小学校や高校があり、朝夕は自転車の往来が多い。国土交通省と警察庁から「自転車通行環境整備モデル地区」の指定を受け、3月末に自転車専用通行帯が設置された。

 自転車専用通行帯は、車道の一部を青色に塗装して歩行者、自転車、車両を分けて安全に走行させるもの。しかし、専用帯と車道の境には柵がなく、違法駐車の車が後を絶たず、専用帯をふさいでいるのが現状だ。

 よく自転車でこの道を通るという近所の女性(81)は「いつも車が止まっていてどうにかしてほしい。せっかく専用帯があるのに利用できない」と愚痴をこぼす。別の主婦(55)は「安全のために作られたのに、車をよけるために車道を走らないといけないから現状では逆に危険」と不満を漏らした。

 路上駐車をしていた人たちに聞くと、道が広い▽自転車も歩道を走っているから邪魔にならない▽ほかの人も止めているから−などの理由を挙げた。心理的にも地理的にも駐車しやすい環境があるようだ。

 路上駐車をしていたある男性は「自転車は歩道を走っているし、関係ない」と意に介さない様子だった。一方、別の男性(55)は「朝などはかなり路上駐車が多い。これなら自分も大丈夫かなと思う」と話した。

 道路を管理する三郷市交通課によると、この道沿いは民家などが少ないため路上駐車がしやすいという。そのため、専用帯の運用が開始される以前は今よりもひどい状態だった。同課は「専用帯ができてからは曜日や時間帯によっては改善されている」と話した。

 三郷市交通課では、専用帯の運用が始まって間もないことから「当面は様子を見る」としている。しかし、今後も状況が改善がされない場合は、車道と専用帯の間に柵を設けて自転車の通る道を独立させることも検討する方針だ。

【関連記事】
路上の脅威「携帯見ながら歩行」
スポーツ自転車、違反切符辞せず 罰金も
東電「公衆電源」実験スタート 携帯・PCを充電 需要探る
注目集まる自転車 鉄道会社は駐輪場整備を! 全自連が法改正決議
自転車事故が多発傾向 防止へスタントマンが実演
虐待が子供に与える「傷」とは?

金星探査機21日打ち上げ=H2A延期で―種子島(時事通信)
<蜃気楼>富山湾で、肉眼でも鮮明 離れた風景水平線上に(毎日新聞)
<地震>沖縄県大東島で震度4=午後5時53分(毎日新聞)
普天間問題で日米政府が大筋合意 辺野古沖に新滑走路(産経新聞)
朝鮮学校無償化検討 会議メンバーやっと決まるも「非公表」…(産経新聞)

<普天間移設>平野官房長官、15日に鹿児島市を再訪問(毎日新聞)

 平野博文官房長官は15日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で鹿児島市を再訪問し、鹿児島県・徳之島の一部島民と意見交換する。14日午前の記者会見で明らかにした。

 平野氏は12日にも同市内で徳之島町議5人と会談して徳之島に米海兵隊のヘリ部隊か訓練の一部を移す政府方針に理解を求めたばかり。訪問を重ねることで地元世論の軟化を図る狙いがあると見られる。

 平野氏は会見で「政府に聞きたいという関係者がいると聞いている。私が出かけたほうが、政府としての意思が出るのではないか」と自ら前面に出る意向を示した。与党関係者によると面会相手は農業・漁業の団体関係者らという。【横田愛】

【関連ニュース】
民主党:沖縄の参院選統一候補断念…「普天間県内」が影響
普天間移設:「沖縄の負担全国で」…首相、理想タテに続投
普天間移設:首相、5月末断念…知事会で負担分散要請へ
普天間:平野官房長官、500人規模部隊の受け入れ要請
普天間:首相、全国知事会長に会議開催を要請

平野官房長官、15日に鹿児島再訪(時事通信)
新型インフル 国内確認1年 感染伝達、患者は最後(毎日新聞)
<小沢幹事長>早ければ一両日中にも事情聴取か 東京地検(毎日新聞)
普天間移設 官房長官が徳之島町議5人と会談(毎日新聞)
「2人目へ重点支援を」 参院選 小沢氏、亀井氏へ要請(産経新聞)

<ひき逃げ>フィリピン人の女を殺人未遂容疑で追送検 千葉(毎日新聞)

 千葉県館山市で3月、原付きバイクの男性が乗用車にひき逃げされ、重傷を負う事件があり、県警交通捜査課などは6日、乗用車を運転していたフィリピン国籍で同県鴨川市上小原、飲食店員、ナイキ・ジェシカ・バサネズ被告(41)=道交法違反(無免許、酒気帯び運転)の罪で起訴=を、殺人未遂容疑で千葉地検木更津支部に追送致したと発表した。

 容疑は、3月6日午前3時15分ごろ、館山市薗の国道128号で乗用車を運転し、前を走っていた新聞販売店従業員の男性(46)の原付きバイクに接触して転倒させた。車を降りたナイキ被告は、男性が車体の下にいることを確認しながら、車を発進させ、再びひいて逃走したとしている。男性は肋骨(ろっこつ)を折るなどの重傷。

 同課によると、ナイキ被告は「無免許と酒気帯び運転の発覚を恐れて逃げた。男性が死んでも構わないと思った」という趣旨の供述をしているという。県警は、ナイキ被告の行為が、重大な結果につながりかねないと知りながら「そうなっても構わない」という未必の故意にあたると認定、殺人未遂容疑を適用した。【中川聡子】

【関連ニュース】
酒気帯び:巡査を懲戒免に 奈良県警
酒気帯び運転:病院職員の懲戒免を停職3月に変更 三重県
酒気帯び運転:都立高副校長が交通事故…容疑で書類送検へ
酒気帯び:神奈川県議が追突、逮捕
飲酒運転:取り消し処分者の講習強化 自覚日記4週間

女性店長「出て行け」、チェーンソー男退散(読売新聞)
<タラップ落下事故>統括安全衛生責任者らに罰金の略式命令(毎日新聞)
新たに12農場で口蹄疫疑い=宮崎(時事通信)
「母子多く救われたが…」赤ちゃんポスト3年(読売新聞)
指名手配犯、逃さない! 街頭に光る“眼光”「ミアタリ」 (産経新聞)

「今の会社に一生勤めたい」過去最高57・4%(読売新聞)

 「今の会社に一生勤めたい」。そう考える新入社員が57・4%に上り、過去最高を更新したことが21日、公益財団法人「日本生産性本部」のアンケート調査で分かった。

 その一方、「起業して独立したい」と答えたのは過去最低の12・8%だった。今春の新入社員の大半が2008年秋のリーマンショック後に就職活動を始めた世代で、同本部では「不況による就職難の影響から、年々安定志向が強まっている」としている。

 調査は1990年から毎年実施。今回は同本部主催の研修を受けた新入社員1908人の回答をまとめた。

 「一生勤めたい」との回答は前年比2・2ポイント増。20%台の数値だった2000年前後から年々増加傾向で、同1・3ポイント減らした「起業して独立」との差は開く一方だ。転職についても、「しないにこしたことはない」が34・2%と、過去最高だった昨年(34・6%)と同水準だった。

鳩山首相、マスコミ報道で「徳之島の反対運動が強くなった」(産経新聞)
<独立行政法人>17独法で海外出張に「支度料」支給(毎日新聞)
<雑記帳>オットセイ「タロちゃん」新居へ 宮城(毎日新聞)
犯罪死「見逃し」39件=12年間、時効1件−誤認の大半、検死官臨場なし・警察庁(時事通信)
亀井氏「外国人選挙権に拒否権発動している」 反対集会で強調(産経新聞)

学級崩壊リポートつるし上げ「ショックで通院」(読売新聞)

 大阪府南部の市立小学校で、学級崩壊状態のクラスを巡り、学校側の不手際による保護者間のトラブルがあり、保護者女性の1人が精神的なショックで通院する事態になっていたことがわかった。

 女性は市に慰謝料など約1800万円の損害賠償を求める訴訟を起こしている。

 訴状や市教委によると、6年生のクラスで2008年5月中旬、授業が成立しない状態になり、学校側は保護者に授業参観を呼びかけた。訴えた女性は、5日間授業を見学。授業中の立ち歩き、掃除をサボった様子など、児童10人の名前入りでリポートにまとめた。

 学校側は、児童の名前をペンで消し、リポートを翌月の保護者会で配布したが、消し方が雑なため児童10人の名が特定された。10人の保護者のうち5人は、リポートを書いた保護者の名を答えるよう学校側に要求。校長が女性の名を伝えたため、女性は喫茶店に呼ばれ、5人から2時間以上にわたり謝罪を求められた。校長も同席したが、ほとんど発言しなかったという。

 女性は、急性ストレス障害と抑うつ状態の診断を受けたという。市教委は「つらい思いをさせた」と非を認めながらも、「訴訟への対応は検討中」としている。

移設先「サイパン、テニアン検討を」社民(読売新聞)
割引財源で高速道建設=財政特措法改正案審議入り−衆院(時事通信)
北九州市を警察庁長官が視察=工藤会対策で捜査員激励(時事通信)
毒ギョーザ事件 中国側と情報交換会議 警察庁、犯行状況の食い違いなど説明求める(産経新聞)
<鴻臚館跡事務所火災>連続放火の疑い 付近で5件の不審火(毎日新聞)

精神医学 裁判員向け初の用語集出版(毎日新聞)

 裁判員裁判で被告の責任能力が争われた場合などに使われる難解な精神医学用語を易しく解説しようと、日本司法精神医学会(中島豊爾理事長、約530人)は「だれでもわかる精神医学用語集 裁判員制度のために」(1000円)を出版した。裁判員向けの精神医学解説書の出版は初の試みという。【伊藤直孝】

 編集グループの代表は裁判員裁判での証言経験もある五十嵐禎人(よしと)千葉大教授(46)。07年、裁判員制度導入に向けた同大と千葉地裁の研究会で、裁判官から「精神鑑定の用語が分かりにくい」と指摘されたのがきっかけ。裁判官や検察官に意見を聞いて基本的な用語や分かりにくい用語を選び、「うつ病」「統合失調症」など約500の専門用語を解説した。

 刑事裁判では被告が「心神喪失」なら無罪になり、「心神耗弱」なら刑が減軽される。用語集では心神喪失を「自分の行為が善いか悪いか分からない人。あるいは分かっているが行為をやめることができない人」、心神耗弱は「その判断能力が著しく低下した人」と説明している。

 「薬物依存」と「薬物中毒」の違いについては「依存は体内に薬物があるかないかにかかわらず、やめられなくなっている状態。中毒は薬物が体内にあって害を及ぼしている状態」と紹介した。

 五十嵐教授は「病気の違いを一般市民に理解してもらうのは難しく、どうしても専門用語が多くなる。用語集で多少の予備知識を持ってもらえれば、一般市民から選ばれる裁判員の理解も進むはず。法律家には専門用語の言い換えの実例として参考にしてほしい」と話している。

 問い合わせは民事法研究会(03・5798・7277)。

【関連ニュース】
裁判員裁判:強姦致傷事件で厳罰化傾向 実施状況を公表
警官発砲:男性死亡 警察官2人を付審判と決定 奈良地裁
容疑変更:被害者に配慮「強姦」に 大分県警
2歳長男虐待死:母親に懲役7年の実刑判決 東京地裁
裁判員裁判:強姦致傷に厳罰傾向 実施状況を公表

露大統領「領土問題から逃げない」 鳩山首相「9月に訪露」表明(産経新聞)
地元・米の合意得る…首相「決着」へ決意表明(読売新聞)
普天間問題 来月末の合意断念 官房長官、首相引責に予防線 米、柔軟姿勢も(産経新聞)
社会福祉法人の経営状態判定のチェックリストなど導入へ―東京都(医療介護CBニュース)
日本人40人乗りバスが追突=死者、重傷者なし−オーストリア(時事通信)

特養の介護職員の医療行為「許容」で通知―厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省医政局は4月1日付で、一定の研修を受けた特別養護老人ホームの介護職員が、胃ろうによる経管栄養や口腔内の吸引を実施することを「許容」する通知を各都道府県知事にあてて出した。

 通知で認められたのは、特養で行われる口腔内のたんの吸引(咽頭の手前まで)と、胃ろうによる経管栄養(チューブ接続などは看護職員の業務)。また、実施に当たっては、モデル事業(12時間の研修を受けた看護師が施設に戻り、介護職員に対して14時間の研修を行う)と同等の研修が必要としている。入居者本人(本人に同意する能力がない場合は、その家族など)が書面で同意する意思を示す必要がある。

 その他の実施条件として、▽医師の指示の下、看護師と連携しながら実施する▽たんの吸引等に関して、一般的な技術の手順書が整備され、適宜更新されている▽ヒヤリ・ハット事例の蓄積・分析など、定期的な実施体制の評価・検証が行われている▽たんの吸引などが必要な入所者ごとに、個別具体的な計画が整備されている▽安全確保のための体制整備を行うため、施設長の統括の下、施設内委員会が設置されている―なども示された。


【関連記事】
特養の介護職員による吸引や経管栄養、一定条件で可能に
特養の介護職員の医療行為は「緊急避難」
特養の医行為モデル事業、介護職員の業務範囲は?
介護職員による吸引と経管栄養を試行へ―特養の医行為モデル事業
看護職の9割が介護職の喀痰吸引に賛成―全老施協調査

長野の貸倉庫の遺体は沖縄出身37歳男性(読売新聞)
社民党がサイパン、テニアンに視察団 受け入れ意思の再確認で(産経新聞)
出勤途中、男性殴られ軽傷=面識なし、男が逃走−滋賀(時事通信)
<立川談志さん>13日に復帰(毎日新聞)
木落とし 急坂に熱狂 諏訪大社(毎日新聞)

福島氏、岡田氏に反論「自覚を持ってグアム・テニアンを提案」(産経新聞)

 社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は7日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し、「社民党は内閣の一員として与党の一員として、自覚を持って米領グアム・テニアンを提案した。『あれもダメ、これもダメ』と言っているわけではない」と述べた。同日午前の衆院外務委員会で岡田克也外相が「(社民党も)政権を担うものとして自覚を持ってほしい」と発言したことに反論した。

【関連記事】
中国に新たな懸念表明せず 死刑執行で政府
「執行やめてほしい」 中国の日本人死刑通告で福島氏
「利権ないと壊れる」 福島担当相、与謝野氏ら離党で自民批判
普天間問題 鳩山首相「私の言葉で混乱はない」
社民・福島氏、中国に「覚醒剤で邦人の死刑、ちょっと待って」
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<訃報>等々力達さん83歳=元三洋電機専務(毎日新聞)
直接支払制度の抜本的改革求める−日産婦学会と産婦人科医会(医療介護CBニュース)
「鳥島などの射爆撃場返還は困難」沖縄防衛局(読売新聞)
<遣唐使船>中国で進水式 角川財団が上海万博にあわせ建造(毎日新聞)
<ゆるキャラ>仏教界にもブーム?(毎日新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。