So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月08日 |2010年01月09日 ブログトップ

<共産>参院秋田、佐賀選挙区に新人候補擁立(毎日新聞)

 共産党は8日、参院選秋田選挙区に党秋田県委員の藤田和久氏(60)、佐賀選挙区に党佐賀県委員の山口勝弘氏(54)を公認候補として擁立することを決めた。ともに新人。これで沖縄選挙区を除く46人が決定した。

花粉泥棒
のーぶる探検記
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
クレジットカード現金化 比較
即日現金化

【キブンの時代】第1部 考えはどこに(4)「遊び型非行」増加(産経新聞)

 ■雰囲気に流されて

 「誰でもいいから殺したい気分です」「私のすべてを否定されている気分です」

 平成20年6月、7人が殺害された東京・秋葉原の無差別殺傷事件。殺人罪に問われた被告、加藤智大(ともひろ)(27)が、犯行前にインターネットに書き込んだ言葉だ。

 「キレる」という言葉でくくられることが多い加藤の犯行。しかし、犯行に至るまでの心に「殺したい気分」の堆積(たいせき)があったことがうかがえる。

 気分によって引き起こされる犯罪がある。犯罪心理学者で精神科医でもある作田明(59)は「秋葉原の殺傷事件とは明らかに異なるが」と前置きした上で、「少年非行の中に、『その場の気分、感情、感覚』が動機となる犯行形態がある。専門家の間では『遊び型非行』の一種として分類されている」という。

                   ◇

 北関東のある県の公立中で最近、集団万引が発覚した。同じクラスの男子生徒3人が、駅近くの大規模店舗で電化製品を繰り返し盗んでいた。

 「店員が少ないから簡単」「きょう盗んだのはこれ」。自慢話が友人らに伝わっていった。1人の補導を端緒に芋づる式に犯行が発覚。女子生徒を含む10人以上が万引にかかわり、盗んだ品を自慢し、交換しあったりしていた。

 過去に問題行動はない生徒たち。泣きじゃくるばかりで、周囲が納得できる動機は聞けなかった。

 経緯を知る県警幹部(54)は「同様の非行は昔からあるが、まさに気分による行動。個人個人は善悪の判断ができるのに、集団になると変な雰囲気が生まれ、広がる」と話す。

 元裁判官で、神戸児童連続殺傷事件(9年)など約6千件の少年審判を担当してきた弁護士の井垣康弘(69)は、「少年院へ送られる少年は、年間に検挙される少年(20年は約13万4千人)のうち3、4%。それ以外は大ざっぱにいうと遊び型非行だ」と指摘する。非行歴もなく育ちもいいのに、何となく非行に流されていくのだという。

 井垣には神戸家裁時代にこんな経験がある。

 万引で検挙された中学2年の少年。「非行性は進んでおらず、遊び型といえる犯行。しかし、少年を取り巻く環境などを調べた調査官の意見は『初等少年院送致』だった。在宅処遇にすれば、仲間から誘いを受け、また非行に走るという理由からだった」

 「少年院送致まではしなくとも」と考えた井垣は、仲間から少年を離すため、親と相談の上、鹿児島へ転居させた。

 周囲の雰囲気に付和雷同しやすい少年が、友人らからの誘惑によって再犯に走る姿を何度も見てきたからだ。

                   ◇

 犯罪心理学者の作田は遊び型非行の増加について、「昭和50年代くらいまでの非行には、貧困を背景にした金銭的な動機がみられた。日本が豊かになればなるほど、社会から道徳が廃れるほどに、軽い気分で犯行をする形の非行が増え、その傾向が最近も、年々強まっているのではないか」とみる。

 17年の犯罪白書に作田の見方を裏付けるデータがある。白書は少年院の教官を対象にした調査をまとめている。

 それによると72%の教官が「最近、処遇困難な非行少年が増えた」と回答。理由として「善悪の判断ができないというより、感覚、感情で物事を判断する(少年が増えている)」と回答した教官が6割と最も多かった。

 「比率を増す『気分で犯罪』への対処に苦慮している」。現場を知る作田はため息をつく。(敬称略)

【関連記事】
考えはどこに とりあえず幸せ探し、「婚活」で下がるハードル
考えはどこに 政治無関心層もその気に
考えはどこに 「面白いかどうかで決めるだけ」気分が選挙を制する!
サザエさんにも登場した携帯メール 文字に傾斜する若者
ラジオ女子、聴取率を牽引 中学生、テレビやネットじゃ物足りない?

私の親、タクシー運転手です。
武蔵家
クレジットカード現金化 比較
パチンコ攻略
現金化
-| 2010年01月08日 |2010年01月09日 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。