So-net無料ブログ作成

財源なければ政権公約修正すべき…民主・岡田氏(読売新聞)

 岡田外相は27日、三重県四日市市内での講演で、夏の参院選に向けた政権公約(マニフェスト)の見直しについて、「不況の影響で税収が減った。財源なくして新しい政策なし」とした上で、「現実の収入を見た時に、順番をつけて重要なことからやり、場合によってはあきらめることをはっきりした方がいい」と述べた。

 政策に優先順位を付け、財源確保が難しい政策については大幅に修正すべきだとの考えを示したものだ。

 また岡田氏は「首相や外相が毎年変わるようでは本当の仕事はできない」と述べ、普天間移設問題などで外交政策が困難を極める中で、野党から退陣要求が出ていることをけん制した。

鳩山首相「デフレ克服に全力」(時事通信)
<人事>警察庁=4月1日付(毎日新聞)
<もんじゅ>運転再開4月にずれ込む 5度目の延期(毎日新聞)
日航1期機長、ラストフライト=邦人救出、地球環境変化の撮影も(時事通信)
<日韓歴史研究>「教科書」溝埋まらず 継続危うく(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。